注意点について

これから交通事故の解決を図る際の注意点についていくつか紹介します。まず、交通事故の被害にあったならば、届け出をしなければいけません。その際には人身事故と物損事故という選択肢があります。人身事故とはケガをしたり、死亡してしまった場合の事故です。一方、物損事故は人に影響がなく物が壊れただけの事故のことです。ケガがなかったからと安易に物損事故を選ぶべきではありません。物損事故は基本的に示談金がかなり下がってしまいます。また、事故を受けた直後は体に異常がなくても、後で異常が出てくる可能性もあります。そのため、よほどのことがない限りは基本的に人身事故として届け出をするべきでしょう。後から人身事故に変更することも可能です。

診察事故にあったならば当日か遅くとも翌日までには病院で診察を受けるべきです。そうすれば、体に生じた不調が交通事故によるものであることを証明できます。この証明ができなければ示談金を受け取ることができないのです。不利にならないためにもすぐに病院へ行きましょう。また、きちんと完治したり症状が固定されるまで病院に通い続けるべきです。

弁護士への相談が交通事故解決のための一番良い方法となっています。ただし、弁護士はきちんと交通事故の案件を扱える方にしましょう。弁護士は専門分野が幅広いため、交通事故を専門とする弁護士を見つけてください。

示談交渉のポイント

交通事故で最終的に支払われる損害賠償の金額は示談交渉によって決めていくことになります。そもそも、示談というのは事故の損害についてお金で解決を図るという方法のことです。お互いどのくらいの過失があるのかその割合を決めて、これに基づいて示談金を決めます。ただし、被害者側の過失が0の場合は保険会社が代行してくれないため、自分で示談交渉をしなければいけません。

同意示談交渉では最終的に示談書に決定事項を記載してお互いがそれに同意した上でサインをすることで示談が成立します。そして、一度サインをして示談が成立してしまうとそれをやり直すことはできません。そのため、十分に内容を確認して慎重に示談交渉の結果について検討する必要があります。弁護士に相談をしていれば、示談交渉はこちらに有利なように進めてくれるでしょう。

示談交渉については加害者の方の保険会社から急かされることがあるのですが、これに応じる必要はありません。示談交渉は慎重に行うべきです。早く示談交渉をしてしまうと、その後で実は後遺症があったことが発覚するようなケースもあります。

示談については損害賠償請求権が交通事故の場合3年間の時効が存在するため、それまでに示談交渉を済ませておく必要があります。あまり時間がかかってしまっては遅くなるのです。この点も注意しましょう。

弁護士に相談する

もし交通事故にあってしまったならば、自分が納得できる解決を目指して行動しなければいけません。それは被害者としてできる限り高額の賠償請求を実現することです。もちろん、交通事故の被害を受けたことに関して、お金だけで納得できるという方は少ないでしょう。しかし、日本の法律では、基本的にお金の受け渡しのみで解決をするべきだとされています。

それではできる限り多くのお金を受け取るにはどうすれば良いのでしょうか。そのためには専門的な知識が必要となってきます。加害者側は基本的に保険会社が交渉の場に現れます。保険会社はできるだけお金を支払いたくないと考えています。そのため、被害者を上手く言いくるめようとしてくるでしょう。保険会社の人に騙されてしまったり、無理やり納得させられてしまう可能性があります。しかし、専門的な知識がなければ、保険会社の主張が妥当なものかどうか判断することができないでしょう。そこで被害者の方でも専門家を雇うことをおすすめします。それが弁護士です。

交通事故の案件についてこれまでに解決してきた実績のある弁護士であれば、きっとあなたの力となるでしょう。保険会社との交渉もしてくれるため、できるだけ有利な条件を引き出してくれます。

交通事故の解決

日常的に被害を受けてしまう可能性のあるトラブルとして交通事故があります。交通事故は日本で生活をしている限りはどこに住んでいたとしても、どのような生活スタイルだったとしても巻き込まれてしまう可能性があるでしょう。車に轢かれてしまう可能性は常に存在しているからです。あるいはこちらが車に乗っていたとしても、別の車に衝突されてしまうという被害もあります。あるいは自分が駐車していた車に別の車がぶつかってくるというケースもあるでしょう。交通事故にはいろいろなパターンが存在しています

交通事故交通事故にあってしまうと大変なことになります。まずは警察を呼ぶことになり、ケガをしていないか確認するために病院へ行くことにもなるでしょう。いろいろな手続きもしなければいけません。また、被害の程度によっては損害賠償や慰謝料を請求することになるでしょう。また、そのときは問題がなかったとしても、時間が経つと後遺症が残っていることが判明するというケースもあります。後遺障害というものがあるからです。それについても慰謝料を請求することができます。ケガによってずっと入院していたり、何度も通院しなければいけないこともあるでしょう

このような交通事故について、果たしてどのように解決すれば良いのでしょうか。交通事故に巻き込まれてしまったときの解決策について教えましょう。一体何をすれば良いのか、具体的な対処法について解説します。これから交通事故にあってしまったときの参考にしてください。