注意点について

これから交通事故の解決を図る際の注意点についていくつか紹介します。まず、交通事故の被害にあったならば、届け出をしなければいけません。その際には人身事故と物損事故という選択肢があります。人身事故とはケガをしたり、死亡してしまった場合の事故です。一方、物損事故は人に影響がなく物が壊れただけの事故のことです。ケガがなかったからと安易に物損事故を選ぶべきではありません。物損事故は基本的に示談金がかなり下がってしまいます。また、事故を受けた直後は体に異常がなくても、後で異常が出てくる可能性もあります。そのため、よほどのことがない限りは基本的に人身事故として届け出をするべきでしょう。後から人身事故に変更することも可能です。

診察事故にあったならば当日か遅くとも翌日までには病院で診察を受けるべきです。そうすれば、体に生じた不調が交通事故によるものであることを証明できます。この証明ができなければ示談金を受け取ることができないのです。不利にならないためにもすぐに病院へ行きましょう。また、きちんと完治したり症状が固定されるまで病院に通い続けるべきです。

弁護士への相談が交通事故解決のための一番良い方法となっています。ただし、弁護士はきちんと交通事故の案件を扱える方にしましょう。弁護士は専門分野が幅広いため、交通事故を専門とする弁護士を見つけてください。