示談交渉のポイント

交通事故で最終的に支払われる損害賠償の金額は示談交渉によって決めていくことになります。そもそも、示談というのは事故の損害についてお金で解決を図るという方法のことです。お互いどのくらいの過失があるのかその割合を決めて、これに基づいて示談金を決めます。ただし、被害者側の過失が0の場合は保険会社が代行してくれないため、自分で示談交渉をしなければいけません。

同意示談交渉では最終的に示談書に決定事項を記載してお互いがそれに同意した上でサインをすることで示談が成立します。そして、一度サインをして示談が成立してしまうとそれをやり直すことはできません。そのため、十分に内容を確認して慎重に示談交渉の結果について検討する必要があります。弁護士に相談をしていれば、示談交渉はこちらに有利なように進めてくれるでしょう。

示談交渉については加害者の方の保険会社から急かされることがあるのですが、これに応じる必要はありません。示談交渉は慎重に行うべきです。早く示談交渉をしてしまうと、その後で実は後遺症があったことが発覚するようなケースもあります。

示談については損害賠償請求権が交通事故の場合3年間の時効が存在するため、それまでに示談交渉を済ませておく必要があります。あまり時間がかかってしまっては遅くなるのです。この点も注意しましょう。